今回は、喫煙者にオススメ情報のひとつを紹介したいと思います。

美容や健康のためにとナイトワーク女性のあいだでもアイコスやビタボンが流行っていますよね。

接客業で、お酒もはいるお仕事だとついついタバコを吸いたくなるものです。
タバコにとってかわる喫煙用具、アイコス(ICOS)が爆発的人気になりました。

  • タールがない(ガンを誘発するといわれる成分)
  • ただの水蒸気でない、吸いごたえもある

 として、人気を博し街の至る所でみられるようになりました。(2017.2月現状 品不足で入手できない)

 私自信も10年近くのタバコ喫煙者で、今までタバコの代わりを様々試してきても定着しなっかた訳ですが、アイコスは唯一定着できた商品でした。

 そして、今回紹介する喫煙用具は イーグルスモーク(EAGLE SMOKE)です。
なぜ数ある喫煙文具のなかでイーグルスモークをピックアップしたかというと、電子タバコなのに吸ごたえがあるからです。

 あくまでも私個人の経験ですが、電子タバコ=吸いごたえがない というものでしたがイーグルスモークはあります。

EAGLE SMOKE(イーグルスモーク)とは?

 海外(アメリカ、ヨーロッパ)で超人気です。
電子タバコであるEAGLE SMOKE(イーグルスモーク)のお値段は、本体
価格:4000円。
 

 電子タバコイーグルスモーク

また別売りであるリキッドは、4種類あります。(約1200円)
今回は ブラックメンソールを購入。

 電子タバコのリキッド

本体のふたを開けてみると本体スティックとUSBケーブルが入っています。
USBを本体につないで充電する仕様になっています。
充電時はこんな感じでLEDが光ります。

 電子タバコイーグルスモークの充電

アイコスの本体価格とくらべても全然リーズナブルです。
従来の電子タバコはへたしたら1万ちかくするものも多かったのですがEAGLE SMOKE(イーグルスモーク)は5000円をきります。

 そしてデザインも安っぽくないです。

従来の電子タバコと他にはなにが違うの?

従来の電子タバコは、煙の量が少なく吸いごたえを感じるものがほぼなかったように思います。

ですが、イーグルスモークは煙の量も多いし(タバコと同じくらい)吸いごたえもあります。

 

EAGLE SMOKE(イーグルスモーク)の使用方法

吸い口である方のスティックの黒いキャップを外し、そこにお好みのリキッドを入れます。

 電子タバコイーグルスモークのスティック

     ↓

 電子タバコイーグルスモークにリキッド注入

     ↓
   
 黒いキャップを戻します。

  電子タバコイーグルスモークのスティック

     ↓

 スティックをつなげます。

 電子タバコイーグルスモークのスティック完成

そしてスティックを本体にセットしてLEDボタンを押すと電源がONになり、あとはLEDボタンを押しながら吸引する感じです。
 
  電子タバコイーグルスモークの電源ON

     ↓

 目安としてはこの1回の注入で約400回はすえます。
(タバコでいうと約1〜2箱分に相当)

3時間ほどの充電で(USB充電なのでパソコンからもスマホの充電器でOK)、約600回近く吸えます。

イーグルスモークの健康面でのメリット


電子タバコであるイーグルスモークは、タバコのように焼かれた葉からでる煙を吸う訳ではなく、熱されたリキッドからでる水蒸気を吸うことから、タバコよりも有害性が約95%低いことを証明する研究結果(イギリス)もでています。

ですが、電子タバコの登場の歴史はまだ浅く、長期的にどのような結果を及ぼすかまでは未知数にいたっています。

また、タバコによる健康と美容への被害も改めて見直しましょう。

今スグ禁煙が無理でも、少しでも害のない嗜好品に代えてみること検討していただければと思います。

 タバコの健康、美容被害についてはこちらの記事が参考になります。

  喫煙の恐るべき被害!

参考までにお役立てください。