MENUtoggle

会員制ラウンジの求人やバイト情報にかぎらず、面接までの流れといったお役立ち情報も掲載しております。

  • EBISU
  • NISHIAZABU
  • ROPPONGI
  • GINZA
  • OTHER AREA

銀座クラブのバイト経験者インタビュー(ロイヤルガーデン)

今回、お話をして下さったのは、昼間は大手化粧品会社で受付事務での勤務をしながら、夜は週3で銀座クラブロイヤルガーデンで働くJさん。Jさんにクラブに応募した動機やお仕事内容にいついて伺いました!

銀座クラブ、ロイヤルガーデンのバイト求人

インタビューを受ける銀座クラブ経験者プロフィール

クラブの求人に応募しようと思ったきっかけ

Q:今回、クラブのお仕事をはじめようと思ったきっかけついて教えていただけますでしょうか?

A:お昼に会社勤めをしているのですが、その職場の先輩に誘われたのがきっかけでした。もともとナイトワークに興味はあったのですが、経験もなかったのでいまいちどんなお店があるのか、どんなお仕事内容であるのかなど知らなくて。業界のことも全く無知でしたので、だったら身近な先輩が勤務しているお店にしようといった流れでした。

Q:それで、先輩が働くお店がロイヤルガーデンだったということでしょうか?

A:はい。先輩から「みんな優しいし働きやすい職場だよ」ということをよく聞いていたので、未経験の私にとってそれは魅力でした。それに高い日給もいただける点も魅力でした。

Q:じっさい働いてみて「働きやすい環境」でしたか?

A:はい。クラブではお酒をつくる、タバコに火をつける、灰皿を交換するといったテーブルマナーが基本のお仕事内容なのですが、未経験の私にも丁寧に一から教えてくださったりと親切でした。

Q:ほかにも未経験者に対するサポート指導をしていただけた点とかありましたでしょうか?

A:はい。まずはクラブでの「係」や「ヘルプ」の役割内容やお仕事内容といった基本的なクラブの仕組みから教えていただき、ヘルプとして気をつけるべきポイントや求められるお仕事内容などを親身に教えていただいた点ですね。

まずはヘルプからのお仕事スタート

Q:Jさんのように未経験者の女性は「ヘルプ」からのスタートということでしょうか?

A:はい。クラブではまずヘルプ(ゼロヘルプともいう)からのお仕事スタートになります。以前にナイトワークの経験があり、お店に呼べるお客様を持っている場合はそのお客様の「係」としてスタートする場合もありますが、基本的には新しいお店ではヘルプからのスタートになります。

Q:係とはキャバクラでいう指名みたいなものなのですね。ヘルプでスタートをし、どのタイミングから係になっていくのでしょうか?

A:いわば、新規のお客様をつかんで自分がそのお客様の担当になった時点でそのお客様の「係」になります。

Q:クラブでは、基本的に既存のお客様の紹介での来店が多いと耳にしたことがありますが、その場合来店された新規のお客様は、既存客を担当する「係」のお客様になるのではないのでしょうか?

A:はい。お店にもよるとも思いますが、新規のお客様のくくりにもよります。既存のお客様と同伴で来られた場合はもちろん「係」のお客様扱いになりますし、お店従業員(黒服とも呼ばれる)の紹介ですとまた扱いが違う場合もあったりと、そのくくりはお店によっても多少違いはあると思います。

クラブにおいてのヘルプの重要性

Q:なるほですね。係にとってもヘルプの存在は重要そうですね。

A:はい。そうだと思います。係と連携をとって一緒に同伴することもあったり、アフターにいくこともあるので、みんなが協力体制です。係にとってもヘルプはチームの仲間ともいえる存在だと思います。

Q:では、ヘルプからのスタートといってもそれは重要なスタートということですね。

A:はい。ヘルプあっての係。係あってのヘルプ。その相互性の役割は重要だとつねに心がけてお仕事に取り組んでいます。


関連記事
  • ラウンジビップトップ画
  • ラウンジビップ トップ画