六本木ラウンジのバイト経験者インタビュー(アイラウンジ)

今回、お話を伺ったのは、昼間は広告代理店でWEB編集制作に携わりながら週末だけ六本木ラウンジで働くRさん。ラウンジの応募したきかっけから、実際に働いてみて感じた六本木ラウンジアイラウンジの魅力について伺いました!

六本木ラウンジ、アイラウンジのバイト求人

インタビューを受ける六本木ラウンジ経験者プロフィール

ラウンジのバイトに応募しようと思った動機は

Q::ラウンジのバイトには以前から興味があったのでしょうか?

:いいえ。そもそもラウンジのバイトについては全く知りませんでした。ラウンジが何かも知らなかったです。し。

Q::ではどのように知って、応募しようと思い立ったのでしょうか?

:週末だけできるバイトを探していて。でもカフェや飲食店のバイトだと時給にあまり魅力を感じれなくて。高時給の割のいいバイトがいいなって思って探していたんです。けれども、キャバクラ等には少し抵抗がありまして。実際キャバクラも数軒面接にもいったのですが、お仕事できるのが週末だけというのは厳しいと言われて。それに未経験でしたので、キャバクラとか経験も求められるイメージがあったので。そんな時にネットで「ノルマなし週1」といった条件で探していたらちょうどラウンジビップさんの媒体が出てきたので、そのサイトを見てラウンジの存在を知りました。それでラウンジの応募条件が、私の求めていた条件とマッチしていたので、これだ!と思って早速応募しました。

Q::なるほどですね。サイトでは色んなラウンジの求人情報があったと思うのですが、なぜアイラウンジを選んだのでしょうか?

:以前に昼間の仕事の打ち上げ食事会でその貸切店舗としてアイラウンジさんだったので、馴染みがあったというか親近感も湧きましたので。なにかの縁なのかなと。それに待遇も、他のお店よりも時給が高く設定されていたので、アイラウンジに迷いはありませんでした。

Q::貸切でパーティー各種に利用されるというアイラウンジの店内は雰囲気が良さげですね。雰囲気もやはりバイト選びでは重要ですか?

:はい。落ち着いた雰囲気で高級感もありましたし、かといってキャバクラみたいなギラギラ感もなくホテルにあるようなオシャレな高級バーラウンジのような店内ゆえ、そういう職場環境は魅力的に思えました。

Q::じっさいラウンジで働いてみたどうでしたか?

:接客業ですので気は張り続けてはいますが、キャバクラであるようなノルマを求められないので、プレッシャーを感じずお仕事ができる魅力は感じています。週末しか働けない私にとって、成績ノルマはどうしても限界があるので、そういった点でラウンジのバイトは気楽にできるバイトだなって感じています。

ラウンジのバイトの魅力

Q::ほかにも感じた、ラウンジならではの魅力ってありますか?

:ペナルティーがない点ですかね。遅刻や当日の欠勤に対しての罰則がないので、やむをえず遅刻した場合でも罰金等が発生しないのは魅力です。キャバクラやクラブでは1,2万円ちかくの罰金が発生すると聞いていたので、そういいった部分もラウンジならではの魅力なのかなって思います。

Q::そういった環境ですとついつい甘えがちになりそうですが、遅刻や欠勤を繰り返す女性も多いですか?

:ほかの女性に関してはよく分からないですが、私はできるだけ時間厳守を守るように心がけています。お店の従業員の女の子たちは、みなさん時間厳守で営業オープンの準備をしたり、掃除をしたり、お店の準備に関すること全般のお仕事を毎日やられているので、そういう姿勢に応えなきゃと思っています。

Q::いい影響を与えてくれるような従業員スタッフに恵まれているのですね。

:はい。困っている時は心配してくれたり親身になって相談に乗ってくれたりアドバイスもしていただいてます。六本木アイラウンジはそういったフォロー体制もしっかりしてるなぁて思う部分が多いので、働きやすい職場です。

バイトのなかで大切にしていること

Q::ラウンジのバイトで心がけていることは何でしょうか?

:先ほどの、「遅刻や欠勤をしない」もそうですが、お客様にどうやったら快適で居心地のいい時間を過ごしてもらえるのだろうかということに常に心がけています。いろんなジャンルのお客様が来られるので、気配りをしながら臨機応変に対応できる柔軟さを意識しています。

Q::つまづくこともありますか?

:はい。よかれと思った気遣いが、逆にお客様に変な距離感を与えてしまってみたいな時は、どうしたらいんだろうと悩みました。

Q::その克服方法は見つかりましたか?

:接客である以上、これといった正解や攻略法というものはなかなか見つけづらいものですが、私は「礼儀作法や気配り」を「程よく」するように心がけています。しなさすぎてもダメ、しすぎてもダメと意識しています。

これから挑戦してみようと思っている方へ

Q::接客スタイルは本当に人それぞれですね。ほかにも、Rさんが思う接客のコツみたいなものはありますか?

:「笑顔」かなと思います。これはすべての接客スタイルに通用するものだと思っています。ありきたりのことかもしれませんが、私自身も相手から愛想よくニコってしてくれるだけで、相手の印象がグッと変わりますし。話しかけやすい雰囲気が生まれるとも思います。

Q::これから、このバイトに挑戦しようという方にアドバイスをお願いします。

:私の働いているアイラウンジのように、ラウンジはお店の従業員の女の子がチームのようにサポートしてくれる環境だと思います。キャバクラとちがってノルマもありませんので、お店側からプレッシャーを与えられることもないと思いますので、アットホームな雰囲気でお仕事ができるオススメのバイトです。

経験談からみえる、六本木ラウンジバイトならではの「魅力」

会員制ラウンジのある「エリア」は主に、西麻布・六本木・恵比寿になりますが、

西麻布や恵比寿にはない、

六本木ラウンジならではの魅力があります。

学生の女の子、お昼のお仕事をしている方にとって、大きな人気条件のひとつ「終電あがり」。

西麻布・恵比寿には「終電あがりができる」お店が現状ありませんが、

六本木には数軒あります。

六本木ラウンジのバイトの大きな人気要素です。

六本木でのラウンジバイトさがし前に「知っておきたい情報」

「多様なコンセプト」のお店がある

他の求人サイトでは見逃しがちな情報を、独自公開。

六本木ラウンジのバイト求人さがしが加速します。

西麻布恵比寿と異なり、

六本木は「会員制ラウンジ」「ラウンジスタイルのお店」といった、多様なジャンルのお店のあるエリアです。

会員制にこだわりたい方は、六本木でのラウンジさがしの際、お気軽にお問い合わせください。

体入の募集状況・六本木ラウンジのバイト

六本木ラウンジのバイト体入の募集最新情報

体入の募集状況を、リアルタイムでどこよりも早く公開。

現在募集している六本木ラウンジの求人一覧です。

  • 「テラス」
  • 「グルーヴ」
  • 「ミラコスタ」
  • 「ミリオン」
  • 「レッジーナ」
  • 「アイラウンジ」
  • 「キングスマン」
  • 「フュージョンラウンジ」
  • 「ファーストラウンジ」
  • 「レイズ」
  • 「バッドガールズ」
  • 「方言女子」

バイトの体入募集状況は日々変更します。随時お問い合わせLINEにてお気軽にお問い合わせください。

:注意:会員制ラウンジの体入は、面接に受かってはじめて体入ができます。

関連記事
top