今回は、女性のみならず男性の審美にもまつわるテーマ。

 『歯のセラミックの種類と料金』についてカンタンに紹介したいと思います。

 白くて綺麗な歯は、男女問わずみなさんの憧れであり、人との第一印象でも非常に好印象を与えます。

 スタイルもよく顔も綺麗で服装のセンスもいいのに、笑うと歯が汚い、。

歯を気にする女性

 いっきに萎えちゃいますよね。逆に、顔も服装もふつうだけど歯がすごい綺麗だといっきに好感度も上がると思います。

 綺麗な歯というだけで、その人のふだんの清潔さや細かい手入れが行き届いている感じを与えます。

 ホワイトニングをしている人は多いと思いますが、ホワイトニングはある程度の期間が経つと徐々に元の色に戻ってきやすいので、定期的にしなければなりません。

 当初、私もホワイトニングをせっせとしていましたが、結果的に考えたら、今後白い歯を維持していきたいという場合、セラッミクにしたほうがお得なのかと感じ、半永久的に白さを保てるセラミックにしました!

 その体験を含めセラッミクについて紹介したいと思います。

歯のセラミック

歯のセラミックって種類なにがあるの?値段は?

 一言でセラミックといっても種類が様々あります。セラッミクの素材により、特徴も値段も違います。

 基本的に保険が適用されない、値段も高い買い物なので自分に合う種類選びはおさえときましょう。

 セラッミクは、クラウンとインレーに使用されるのですが今回はクラウンについて紹介します。

 クラウンてなに?

 クラウンはいわば被せ物です。

歯のクラウン

 歯の全体をかぶせる形で、代用となる素材を成型し接合するものです。もともとの自分の歯を削り、それを土台にして全体を覆うカタチです。

 そして、インレーとは詰め物です、歯医者さんとかで虫歯の治療の際によくある詰め物です。

 全体ではなく部分だけに施すものです。

 クラウンとインレーでは値段も違います。次回、インレーの値段についても触れます。

さて、セラミックの種類ですが、種類は以下のとおりになります。

  • ハイブリッドセラミック
  • オールセラミック
  • ジルコニアセラミック
  • メタルボンドセラミック
  • e-max

 それでは1つずつカンタンな特徴と料金の目安を紹介します。

ハイブリッド・セラミック

 ハイブリッドセラミックとは、セラミックとレジン(合成樹脂)を混合した素材です。

 セラミックの美しさと、レジンの柔らかさを併せ持った素材です。

 いわば自然の歯に近いセラミックです。ただし、レジンを含むため、強度に劣り、変色することがあります。

【料金】

 目安ですが、 小臼歯〜9000円〜 大臼歯〜6万円〜

*新着!*

平成24年4月から、小臼歯(4番目と5番目の歯)のクラウンにおいては、コンピュータ支援設計・製造ユニットとなるCAD/CAM装置を使用したハイブリッド・セラミック素材が保険適用。ただし、インレー(詰め物)では適用されません、注意を!

オールセラミック

 すべてがセラミックでできているものがオールセラミックです。

 レジンを使用していないので変色もなく、金属も使用していないのでアレルギー(例えば歯茎の境目が黒ずんだりすること)の心配もありません!透明感に優れていますが、強度が強い!という感じではありません。

【料金】

 目安ですが〜10万円〜

ジルコニアセラミック

 人工ダイヤモンドであるジルコニアを内側に、外側をセラミックで覆う素材となります、

 耐久度が高く、金属アレルギーの心配もありません、

 セラミックの種類のなかでは1番審美性が高いといわれています。

 見た目重視の私は、ちなみにこのジルコニアセラミックにしました。2年たちますが、白さが劣ってきたり、割れちゃったみたいなこともまだありません。

【料金】

 目安ですが〜13万円〜

メタルボンド・セラミック

 内側に金属を使い外側をセラミックで覆ったものになります、

 内側に金属を使用しているので、耐久度は高いですが、白さや透明感など、審美性はやや低いです。金属の溶出によって歯茎の境目が黒くなることも、、。

【料金】

 目安ですが 〜8万円〜

e-max

 世界最先端のセラミック素材と言われています。

 主成分となるのはニケイ酸リチウムというもので、適度な柔軟性を備えた成分なので、他の歯を痛めることも少なく、体への相性、親和性も高い素材です。

【料金】

 目安ですが〜10万円程度〜

他にも、、ちょっとしたセラミック

 1番目立つ前歯だけを安く綺麗に、、、。

 歯のなかでも1番目立つ前歯だけやりたい、、、。

 1番大きな歯だし削るのはまだもったいない、、。

 前歯がすきっ歯なのがいやだ、、、。

 そんな人も多いと思います、

 当初、セラミックにまだ抵抗があった私は同じように考えていました。そんな人には、歯を削る量を最小限に出来る、オールセラミックラミネートベニアがあります。

 オールセラミックの薄いプレートを、ネイルのように貼付けるもので、削る量も少なく、色やカタチを綺麗に仕上げられます。

 また矯正することなく、歯の隙間も埋めれるので、いわゆる、すきっ歯も改善できます。

オールセラミックラミネートベニア

【料金】

 目安ですが 〜8万円〜

それぞれの値段一覧

  • ハイブリッドセラミック  おおよそ 小臼歯〜9000円〜 大臼歯〜6万円〜
  • オールセラミック     おおよそ〜10万円〜
  • ジルコニアセラミック   おおよそ〜13万円〜
  • メタルボンドセラミック  おおよそ〜13万円〜
  • e-max          おおよそ〜10万円〜
  •      

  • ※オールセラミックラミネートベニア  〜8万円〜

 以上、種類と目安料金を紹介しましたが、歯医者さん、クリニックにより料金は変動します。

 いろんな病院やクリニックのHPをみたりして比較することをオススメします。ですが、安さだけで選ばずに、実際に訪問してじっくり相談するようにしましょう。

ちょっとしたおすすめ知識♪

 自費治療にはいるセラミックは、価格設定がいわば歯医者、クリニックの自由になりますので、価格交渉するのもありだと思います。

 4、5本いっきにやるんで安くしてください、、など言ってみるのもアリですね。セラミックに興味がある方はまず、その審美性の高さだと思います。

 半永久的に白く、そして劣化も変色もしにくい寿命のながいセラミックです。(レジンを使用したハイブリッド・セラミックは変色する可能性あり)

 美しさを保ち、他の歯との親和性が高く、非常に耐久性も高く寿命も長い。そんないいとこづくしのセラミックですが、短所も少しはあります、

短所についてはコチラの記事もどうぞ。セラミックのメリットとデメリットが分かりやすく書いてあります。

気になる!セラミックの長所と短所!

 セラミックは高い買い物です、お医者さんと相談しながら、実物サンプルをみせてもらったりしてセラミックを吟味し、なにが1番自分の希望にあてはまるか妥協することなく選びましょう。

 白さも自分で選べるので実物を見せてもらうとイメージも沸きやすいです。

 また今回は歯のセラミックの種類とそれぞれの相場費用について紹介しましたが、セラミックと同じくらい人気がある美容整形といわれている目の二重整形、鼻の整形についてもまとめてました。

 気になる二重整形の種類と費用!

 種類によってそれぞれのメリットとデメリットも書いてあります。

 また、鼻の整形は、高くする整形とカタチを変える整形があります。種類全てを包括してあります。

 鼻の整形の種類と費用すべて!

 セラミックと同様、けっして安い値段ではありません。少しでも納得のいく整形ができるように役立てればと思います。

歯のセラミック