MENUtoggle

会員制ラウンジの求人やバイト情報にかぎらず、面接までの流れといったお役立ち情報も掲載しております。

  • EBISU
  • NISHIAZABU
  • ROPPONGI
  • GINZA
  • OTHER AREA

六本木ラウンジのバイト経験者インタビュー(バッドガールズ)

今回、お話を伺ったのは、大学に通いながら、週1ペースで六本木ラウンジバッドガールズで働くKさん。Kさんに六本木ラウンジに応募したきっかけや魅力にいついて伺いました!

六本木ラウンジ、バッドガールズのバイト求人

インタビューを受ける六本木ラウンジ経験者プロフィール

ラウンジのバイトに応募しようと思った動機

Q:今回、バイト探しにあたって、六本木ラウンジのバイトを選んだきっかけについて教えていただけますでしょうか?

A:はい。平日は大学に通っているのですが、授業以外にもサークルや課題などもありバイトができる時間も不定期にしかスケジュールをとれなくて。そんな不定期に空いた時間でもできるバイトを探していたところ、友人からバッドガールズのことを教えてもらい、それで知り応募しました。

Q:バッドガールズをふくめラウンジのバイトは不定期な出勤スタイルでよいのですか?

A:はい。ラウンジはキャバクラのように、週に最低これくらいは出勤しなきゃダメといったしばりがありません。自分の都合に合わせた希望日をシフト提出の際に報告するといったカタチになります。ですので、出れる週は出て、出れない週はゼロといったカタチでも可能なバイトです。

経験談の共通点だからこそ分かる、ラウンジバイトの魅力と短所

Q:なるほどですね。では数あるラウンジのなかからなぜバッドガールズを選んだのでしょうか?

A:はい。出勤の開始時間やあがりの時間にも自由がきく点が、ほかのラウンジにない特徴であり魅力だったからです。ほとんどすべての会員制ラウンジは出勤開始の時間がある程度決まっていて、大体21時前後からの出勤を求められるといった感じでして。またあがりの時間に関しても、ほとんどのお店がラストまでの勤務を求められます。そういった点で、バッドガールズのみが自由な「開始」と「あがり」が可能でしてので、バッドガールズを選びました。

学生の方必見!恵比寿・西麻布には終電あがりOKのラウンジはない?

ラウンジバイトは終電あがりはムズカシイ?

Q:大抵の会員制ラウンジはラストまでの勤務が求められるのですね。終電あがりを不可とするラウンジが多いのでしょうか?

A:はい。終電前後の時間帯がもっともお客様が混み合う時間帯ですので、大半のラウンジが終電以降の時間の勤務を求めてくるかと思います。終電あがりOKのラウンジは非常に数少ないかと思います。

Q:なるほどですね。ではほかにも感じたバッドガールズの魅力についてもお聞きしてよろしいでしょうか?

A:はい。お店の営業開始時間がどのラウンジよりも早い点です。大学の授業終わりの時間からスムーズにバイトを開始できる魅力です。バイト開始まで時間をつぶさなくてよいので時間を有効活用できます。

初めての方へ・ラウンジバイトさがしをスムーズにさせる方法

他店にない魅力やメリットを知る

Q:バッドガールズの営業開始は何時からなのでしょうか?また、ほかのラウンジは何時からなのでしょうか?

A:バッドガールズは16時半からになります。ほかのラウンジは20時、21時から営業オープンするお店がほとんどだと思います。バッドガールズとは4時間以上離れています。

Q:バッドガールズは、夕方あたりに授業が終わることが多い大学生・専門学生にとって魅力的なバイト環境ですね。では、給料面での魅力はありますが?

A:はい。多くのラウンジではドリンクバックが支給されないのですが、バッドガールズではノンアル、アルコールともにドリンクバックが支給されます。他店にない給料面でのメリットだと思います。

 →六本木ラウンジバイト・人気ランキング7選!
*脚注*


関連記事
  • ラウンジビップ
  • ラウンジビップトップ画