MENUtoggle

会員制ラウンジの求人やバイト情報にかぎらず、面接までの流れといったお役立ち情報も掲載しております。

会員制ラウンジのバイトとガールズバーの違い。それぞれの長所短所

ラウンジバイトの解説

「私服」「ノルマなし」「ペナルティーなし」「自由出勤」という点で、会員制ラウンジのバイトと、共通項目がいくつもあるガールズバーとのバイトですが一体何が違うのでしょうか?

分かりやすく箇条書きで解説します。

  • ガールズバーではお客様の隣に座らない
  • ガールズバーは朝まで営業している
  • ガールズバーはビラ配りがある
  • ガールズバーでは飲み放題のシステムをとるお店が多い
  • ガールズバーでは基本、指名システムをとらない
  • ガールズバーのバイトはあくまでもバーのスタッフになります。ガールズバーは飲食店にあたりますので、キャバクラや会員制ラウンジとは違い、風営法の許可は必要なく飲食の許可になります。

    風営法では深夜営業が禁止されておりますが、ガールズバーは飲食にあたりますので、朝まで営業しているお店が多くあります。

    また、飲食店ですのでお客様の隣に座ることも禁止されており、バースタッフとしてカウンター越しの接客になります。

    一方、会員制ラウンジはお客様の隣に座り、指名システムがあるといった部分でキャバクラにちかいです。

    ラウンジ、ガールズバーそれぞれのメリット・デメリット

    ではそれぞれのメリット、デメリットは何か?

  • 時給の違い(会員制ラウンジのほうが高い)
  • 採用基準の違い(会員制ラウンジのほうが面接に受かりづらい)
  • 出勤調整の有無(会員制ラウンジはあり。ガールズバーなし)
  • バックシステムの違い(各種バックが会員制ラウンジのほうが充実)
  • 勤務時間の差(ガールズバーの方が長時間働ける)
  • お客様の隣にすわらなくてよい(ガールズバー)
  • 雨天時、暑い時期、寒い時期でもビラ配りあり(ガールズバー)
  • ガールズバーの時給相場は1500円前後〜2000円といわれおります。一方、会員制ラウンジは3000円?4,5000円(面接しだいでさらに高額可能)

    また指名、場内指名、同伴、売上といった各種バックが会員制ラウンジのほうが充実しています。会員制ラウンジのほうが収入面のメリットは勝ります。

    ですが、採用基準の高さが会員制ラウンジとガールズバーでは大きく異なります。会員制ラウンジの面接クリアは困難といわれ、目安として10人に1,2人程度になります。ガールズバーは、比較的採用幅が広く多くの女の子にバイトのチャンスがあるといえるでしょう。

    また、会員制ラウンジには「出勤調整」があります。後ほど改めて解説しますが、出勤調整とは自分の希望日がなかなか通らず、出勤が思うようにできない、お店から出勤を調整されることをいいます。

    出勤調整は必ずされるという訳ではありませんが、どの女の子にもその可能性はありえます。

    体入目前!会員制ラウンジバイトのデメリット

    ガールズバーならではのメリットは、朝まで営業しているという点で、時給はそこまで高くはなくとも長時間働ける、時間で稼げるという点が挙げられます。またガールズバーは、出勤の時間、あがりの時間も会員制ラウンジにくらべて比較的自由です。例えば、終電あがりに関しては会員制ラウンジの場合、ほとんど多くのお店がキビシイとします。

    ですがガールズバーならではのデメリットもあります。ビラ配りです。

    ある程度容姿に自信がある、稼ぎたいという女の子は会員制ラウンジがオススメかといえます。

    会員制ラウンジのバイトの面接・体験入店のかんたん無料申し込みはコチラ

    すべての会員制ラウンジの面接の申し込みがかんたんにできます! LINEからお問い合わせするだけでOK!

    また、LINEに友達登録していただきますと、いまイチオシの会員制ラウンジ情報や新店情報、2019年最新のノルマなしや全額日払いや終電あがりのおすすめバイト情報をいち早くタイムラインから無料でみれます!

     会員制ラウンジのバイトの面接、体入もスムーズに案内します。

    24時間LINE受付
    24hweb_line


    関連記事
    • ラウンジバイト求人『ラウンジビップ 』
    • ラウンジバイト求人『ラウンジビップ』